情報公開

  • おたより
  • 採用情報
  • 情報公開
  • 社会福祉法人 篤星会

社会福祉法人 篤星会

  • 社会福祉法人 篤星会
    星の子白根保育園
  • 〒241-0005
    神奈川県横浜市旭区白根7-31-3
  • TEL:045-953-1007 042-700-2007
  • FAX:045-953-1240

計算書類の公開

計算書類等は こちら をご覧ください。

7月の保育園評価

1歳児:
鼻水、咳、下痢など体調を崩すことが多かったため、前月から引き続き保育士間や保護者としっかり連絡を取りながら、無理のない活動ができるように配慮した。夏ならではの遊びとして、冷たいゼラチンを用意して感触遊びを取り入た。はじめは、道具を使って触っていたが、次第に素手でゼラチンを触り始め、ゼラチンの独特の感触を楽しむ姿が見られた。また、遊びの中で、友だちと手をつなぐことを楽しむ姿も多く見られたので、運動会の「ふれあい遊び」の中で、友だちとの関わり合いが感じられる場面を多く取り入れていきたいと思った。

2歳児:
水遊びが始まり、水遊びが楽しみで、期待をもって着替えや支度をする姿がみられた。水を嫌がる子どもおらず、豪快に水に触れ水の心地よさを感じることができた。友だちとの関わりが増えてきたが、その一方で友だちとトラブルになることがあるため、保育士が仲立ちをしながら、友だちとの関わり方を伝えられるように配慮した。

3歳児:
水遊びやプール活動では水に親しみ夏の遊びを全身で楽しむことができた。七夕製作や栽培していた朝顔で色水遊びを行い、季節を感じながら友だちとの会話もはずみ、楽しむ姿が多く見られた。園庭に植えたひまわりがもうすぐ咲くのを心待ちにしており、毎日様子を観察することで自然の不思議を肌で感じることができた。生活面では身の回りの準備が自分で行えるようになってきたため、これからも自分でしようとする気持ちを大切に見守っていきたい。

4歳児:
プールが始まり、プール活動を楽しみに登園する姿が見られた。水の心地よさを全身で感じ水車やビート版など好きな水遊び道具を手に取って伸び伸びと遊ぶことができた。栽培活動では赤オクラとゴーヤが育ち、みんなで収穫をすることで、植物の生長を喜ぶ姿が見られた。また、カブトムシの幼虫のお世話もていねいに行う姿が見られているので、今後も自然を大切にする気持ちを大切にしていきたいと思った。暑さが厳しいため、水分補給、休憩時間などに配慮し体調管理にも努めていきたいと思う。

5歳児:
プール遊びでは、約束事を一つずつ確認しながら、子どもたちも意識をもって安全に楽しく行うことができた。また、水に慣れている子どもが多く、水に顔をつけたり、潜ったり、泳ぐことに挑戦する姿が見られ意欲的に取り組むことができた。また、夏祭りの準備では、自分たちで考えて意見や思いを言葉にして話し合い意欲的に進めていくことができた。当日は、売り手になったり、買い手になったりすることでそれぞれの役割を満喫することができた。登園人数が少ない日もあったが、普段あまり遊ばない友だちと遊ぶ機会になり、アイデアをお互いに出し合いながら、ごっこ遊びなどを楽しむ姿が見られた。