情報公開

  • おたより
  • 採用情報
  • 情報公開
  • 社会福祉法人 篤星会

社会福祉法人 篤星会

  • 社会福祉法人 篤星会
    星の子保育園
  • 〒252-0141
    神奈川県相模原市緑区相原2-14-7
  • TEL:042-700-2007 042-700-2007
  • FAX:042-700-2008

計算書類の公開

計算書類等は こちら をご覧ください。

9月の保育園評価

0歳児:
咳、鼻水、発熱、下痢などの症状が見られる子どもが多かったので家庭と連絡を取り合って子どもたちの体調の変化に早めに気がつけるように留意した。また、無理のない活動を取り入れながらも体を動かす楽しさを感じられるように配慮した。保育士や友だちへの関心が高まり、しぐさや発語で気持ちを伝えようとする姿が増えてきているので、一人ひとりに丁寧に応答し、自己表現の喜びが感じられるようにしていきたい。

1歳児:
9月の前半は、気温が高い日が続いたため、一人ひとりの体調の変化に留意した。屋内での環境設定を考え直すことで、一人ひとりが好きな玩具で自由に遊べるように配慮した。また、服や靴の着脱など、自分で行おうとする姿が多く見られるようになった。室内遊びの際に、音楽がかかると喜んで友だちと一緒に踊ったり手遊びを楽しんだりする姿が見られた。

2歳児:
過ごしやすい季節となり、園庭遊びや散歩など戸外で遊ぶ機会が多くなったことで、花や実、虫などに興味をもつようになり、自然に親しぬ姿が多く見られた。寒暖差が激しい日が時々あったので、子どもたちの体調の変化に留意し、ゆったりとした環境づくりを心がけた。今後は、静と動の活動を取り入れ、身の回りの物の名前などを言葉で伝えたり、友だちと言葉のやり取りを楽しんだりできるようにしていきたい。

3歳児:
戸外遊びを通して秋の自然に興味をもち、秋の草花を見たり触れたりする機会を取り入れた。また、園庭遊びでは、身体をたくさん動かしてのびのびと遊ぶことができた。また、運動会の練習を通して競技のルールを覚え、友だちと一緒に楽しむ姿が多くみられた。コーナー遊びでは、保育士や友だちと言葉のやり取りを楽しむ姿がみられた。意欲的に身の回りのことを自分で行おうとする子どもが増えてきたのでこれからも励ましていきたい。

4歳児:
一人ひとりが自分の気持ちや自分が経験したことを保育士や友だちに伝えられるようになってきた。また、友だちの気持ちを考え協力して生活することができている。戸外活動では、園庭で木の実を見つけたり虫探しを行ったりすることを楽しむ姿が多くみられ、秋の自然に触れる機会をもつことができた。

5歳児:
日々の集団生活や遊びを通して、仲間の必要性を実感し友だちへの信頼感を高めることができた。一方で友だちと意見がぶつかり合う姿も多く見られたため、相手を思いやれるように促した。一人ひとりが自分の目標に向かって運動遊びを楽しむことができた。園庭遊びを通して、季節の移り変わりを感じ、自然に触れながら遊びを楽しむ姿が見られた。