情報公開

  • おたより
  • 採用情報
  • 情報公開
  • 社会福祉法人 篤星会

社会福祉法人 篤星会

  • 社会福祉法人 篤星会
    星の子石垣保育園
  • 〒907-0003
    沖縄県石垣市字平得85-1
  • TEL:0980-87-0347 0980-87-0347

計算書類の公開

計算書類等は こちら をご覧ください。

8月の保育園評価

0歳児
新入園児が2名入り5名となった。新入園児は保護者と連携を図り、子ども一人ひとりの保育園生活の様子に合わせながら慣らし保育をすすめることができたため順調に進み、欲求や甘えを受け止めてもらい安心して笑顔で過ごす姿が見られた。在園児は環境の変化を感じ、以前に比べ甘える姿が見られたが、子ども一人ひとりの欲求に丁寧に応答し、受け止めていった。また、最近では子どもたちに友だちなど身近な人への興味も見られ、関わりを楽しみながら遊んでいた。保育者は相手に気持ちを伝える楽しさを一緒に共感していった。これからも保護者と共に子ども一人ひとりの発達に合った全身運動も取り入れ、体を動かす楽しさを感じることができるように努めていく。

1歳児
前半は体調不良で休む子どもが多かったため、休み明けは保護者から一人ひとりの健康状態を把握し体調の変化に気を付けた。安心安全の環境の中で無理のない範囲で夏の雰囲気が楽しめるように水遊びや泡遊びを行った。泡遊びでは手に泡がつくのを見て、不思議そうな表情や、声をだして喜んでいる姿が見られた。更に自分で足に泡を付けてみたり、水の中での泡がなくなったり泡が流れていく様子などをじっと真剣な眼差しでみている子ども達の姿があった。後半には衣服の着脱に興味を示すようになったので、これからも保育者の助けを借りながら、自分でやりたい気持ちにしっかりと向き合い援助していく。最近は自分の思うようにならない時などに、友だち同士でトラブルになる場面が見られた。一人ひとりの感情や表現に寄り添いながら、遊びに集中できる環境を設定していく。

2歳児
夏の疲れがでたためか、前半は体調を崩して休む子どもが多かったので、異年齢児との交流保育を行った。その際、お兄さんお姉さんの意識が芽生え、食事や着替えの場面では「自分でやる」と積極的に自ら行う子どもの姿も見られた。制作遊びでは糊や絵の具等にも触れ、感触を楽しみながら、夏ならではのクリームソーダ―に見立てた制作を行った。室内に掲示された制作を見て「糊ペタペタしたね」「おいしそうね」と友だち同士の会話が弾んでいた。また、絵本、紙芝居、言葉遊びを保育者と楽しんだり、公園では走りながら水鉄砲遊びをしたり、友だちと一緒にかくれんぼごっこをしたりなど、ルールを守りながら遊べる姿が見られるようになってきた。今後もいろいろな経験を通して、友だちや保育者と言葉のやりとりが楽しめるように工夫して保育を進めていく。