情報公開

  • おたより
  • 採用情報
  • 情報公開
  • 社会福祉法人 篤星会

社会福祉法人 篤星会

  • 社会福祉法人 篤星会
    星の子第3保育園
  • 〒252-0141
    神奈川県相模原市緑区相原2-10-19
  • TEL:042-775-5361 042-775-5361
  • FAX:042-775-5362

計算書類の公開

計算書類等は こちら をご覧ください。

4月の保育園評価

0歳児:
慣らし保育中は体調も安定しており、順調に進んでいた。家庭での生活リズムが引き継がれた中で無理なく過ごすことができるよう保護者との連携を密にとり一人ひとりに合わせて配慮していった。中旬以降は担任の顔を覚え甘える姿も見られるようになり、天気の良い日に少しずつ外気浴を始め活動時間を延ばしていった。保育士との関係性が築かれていくと自分から活動範囲を広げていく姿が増えていったので、温かな声かけを心がけいつでも見守っていることが伝わるよう丁寧に関わっていった。食に意欲的な子どもが多く喜んで食べる姿が見られた。下旬になると体調を崩し始めたので体調の変化に十分に注意しながら過ごしていった。引き続き気をつけていきたい。

1歳児:
保育室や友だち、保育士にも慣れ、安心して過ごせていたように感じた。生活リズムは少しずつできてきてはいるものの、食事面や午睡面など少し時間をかけ丁寧に伝えていきたい。好きな遊びや玩具があるものの、集中できず立ち歩く様子も見られたので玩具を入れ替え、コーナーを作りながら工夫した。替えても集中して遊ぶのが難しい子もいたが、一人遊びを楽しむ子もいたので引き続き工夫しながら保育を進めていきたい。戸外では、体を動かすことが楽しい反面、転倒も見られたので周りを見て体を動かすよう伝えていった。

2歳児:
新しいクラスに進級し少しずつ環境にも慣れてきた様子が見られていた。しかし、その一方で些細なことで泣いてしまったり、不安になったりする様子も見られていたため、気持ちに寄り添いながら過ごした。戸外、室内ともに保育士や友だちとの信頼関係を築きながらゆったりと安心した環境で過ごせるように配慮していった。少しずつ好きな遊びや気の合う友だちを見つけて遊ぶ様子が見られていたので、引き続き環境や関わり方を含め、配慮しながら保育を進めていきたい。

3歳児:
新入園児含め、保育室や保育士、友だちには少しずつ慣れ、安心して過ごせるようになったが、ロッカーの使い方や着替えの扱い方などは引き続き一緒に確認し合いながら慣れていけるようにする。遊びではそれぞれが好きな玩具を見つけ遊びを楽しむことができていた。チューリップ制作や園庭遊びを通し、身近な春の自然に触れ親しみを感じたり、楽しんだりする姿が見られた。月末には端午の節句にちなみ、こいのぼり作りを楽しむことができた。

4歳児:
1ヶ月を通して新しい生活に慣れ、安心して過ごす子どもの姿が見られた。自分でしたい遊びを見つけ友だちを誘ったり、保育者と一緒に遊んだりしながら友だちと触れ合う楽しさを味わうことができていた。食事についてマナーを意識できるような声かけができなかったため、楽しい雰囲気でマナーを意識できるよう促していきたい。文字指導では、鉛筆の正しい持ち方の絵を基に確認したことで、正しい持ち方で取り組むことができていた。戸外では伸び伸びと楽しく遊ぶことができるよう関わっていきたい。

5歳児:
年長児になったことを自覚し、安心して過ごせる環境を整えていった。落ち着いて活動や遊びに参加し、興味の幅を広げられていた。春の暖かな陽気を感じられるよう、戸外遊びを多く取り入れていった。自然や虫に触れ、春という季節を楽しめていた。年長児ならではの活動に意欲をもち、楽しんで参加していた。できたことや挑戦心を受け止め、認めていったことで自信を深められるようにした。今後も一人ひとり丁寧に関わっていく。今月の健診の時に体について考える時間を設けたことで各々が自覚し受けることができた。