情報公開

  • おたより
  • 登園確認書ダウンロード
  • 採用情報
  • 情報公開
  • 社会福祉法人 篤星会

社会福祉法人 篤星会

  • 社会福祉法人 篤星会
    星の子第3保育園
  • 〒252-0141
    神奈川県相模原市緑区相原2-10-19
  • TEL:042-775-5361 042-775-5361
  • FAX:042-775-5362

計算書類の公開

計算書類等は こちら をご覧ください。

12月の保育園評価

0歳児:
月初めは体調を崩している子どもが多く、発熱する子どもも出てきていたが、中旬にかけて回復し、全体を通して元気に登園できるようになった。喃語や発語が盛んになり、言葉でのコミュニケーションを楽しむ姿が多く見られていたので、喃語に答えながら関わっていった。生活の流れが身につき手を洗うことや着替えなどに意欲を見せていた。また、高月齢児はトイレに座ることにも慣れていけるよう少しずつ促した。避難訓練では、子どもたちは落ち着いていたが、経路を迷ったり、間違えたりしてスムーズに避難できなかったので、経路の見直しを行い、今後は瞬時に判断できるようにしていく。

1歳児:
気温差で体調を崩す子どもが多かった。薬を服用しながらの登園児が多かったので体調の変化に気をつけていった。冬ならではの自然に触れる部分では、霜柱を観察し触れることで子どもたち同士「冷たいね」「寒いね」という会話も見られた。表現遊びでは、音楽に合わせて体を動かすことを楽しんだ。生活の流れもわかるようになり、手洗いや着替えのできる部分を意欲的に行う姿も見られたので難しい部分は翌月に伝えていきたい。

2歳児:
体調面では、鼻水、咳が出ている子どもが数名見られていたが全体的には元気に過ごしていた。戸外に出る際は上着を着たり、手洗いうがいを丁寧に行ったりして健康で快適に過ごせるようにするとともに、冬の過ごし方について身につけられるようにしていった。楽器や遊戯などの表現活動では、音楽や楽器に親しみをもちながら意欲的に参加して楽しむ姿が見られていた。来月も一人ひとり楽しみながら活動に参加できるようにしていく。

3歳児:
朝、夕の合同保育などを通し保育士や異年齢の子とふれ合う機会も多くコミュニケーション能力を身につけることができていた。園庭遊びなどを通し、冬の自然に触れ、冬の訪れを感じることができた。また、体を伸び伸びと動かし、楽しむ姿も多く見られた。年末に大掃除をすることで、気持ち良さを感じたり、自分のロッカーや引き出しを大切に使おうとしたりする気持ちが芽生えていた。友だち同士の関わりでは、相手の思いも聞き入れながら、自分の思いも言葉で伝え、表現できるようになっているが、来月も引き続き見守り、配慮していく必要があると感じた。

4歳児:
絵本を読む機会や読み聞かせを増やすことで、物語の世界を楽しめるよう工夫していった。絵本の感想を友だちや保育者と共有することで、コミュニケーション力を豊かにしていくことができていた。冬野菜の世話を通し、野菜の生長を喜ぶ姿や、食材に興味をもつことができていた。行事の「シゲンジャー」では、分別の大切さや方法を知り楽しく学ぶことができていた。また、クリスマス会もシアターで朗読劇を楽しむことでより親しみをもって参加することができていた。今後は身の回りのことを丁寧に行えるように促していく。

5歳児:
気温の低下に伴い、園庭の花壇の土が霜柱に変わる様子を見て、肌で季節を感じられていた。体調面では全体的に大きく崩れることは無かったので、留意しつつ、寒さに負けない丈夫な体作りをした。自分のしたいこと、言ったことを認められることで、自己肯定感を上げられるようにした。冬至の意味を知らせるなど、給食のメニューにも入れてもらうことで日本の暦に触れることができた。様々な活動を経験し、感性や感覚を豊かにできていたので、今後も気持ちの発達も促せるようにしていく。ものに対する関心が広がるように、新たな働きかけや発見ができるよう環境を整えていきたい。