情報公開

  • おたより
  • 登園確認書ダウンロード
  • 採用情報
  • 情報公開
  • 社会福祉法人 篤星会

社会福祉法人 篤星会

  • 社会福祉法人 篤星会
    星の子第3保育園
  • 〒252-0141
    神奈川県相模原市緑区相原2-10-19
  • TEL:042-775-5361 042-775-5361
  • FAX:042-775-5362

計算書類の公開

計算書類等は こちら をご覧ください。

1月の保育園評価

0歳児:
寒い日が続いていたが、衣服の調節を行いながら戸外活動を思いきり楽しみ健康で丈夫な身体作りができるようにしていった。保育士との信頼関係を築く中で他児と同じ遊びを楽しんだり、同じ空間で生活をともにしたりすることで安心して自分を表現することができていた。自我が強く出始めていたため、引き続き一人ひとり思いを受け止めながら安心して生活できるようにしていく。

1歳児:
健康面ではクラス内でコロナウイルスが出たため、子どもたちの体調の変化に気をつけていった。また、換気、消毒を行った。クラス活動ではお楽しみ会の練習を楽しんで行うことができた。遊びの中で行動範囲も広がり、友だちと遊ぶ姿が見られた。友だちとの言葉のやりとりを楽しむ姿が見られ、玩具の「貸して」という声も聞かれた。保育士が仲立ちとなり玩具の貸し借りや会話を楽しめるよう引き続き伝えていく。また、翌月は季節の行事や歌を教えていく。

2歳児:
戸外遊びを通して追いかけっこやかくれんぼ、ボール遊びなど様々な運動遊びを楽しむことができた。基本的な生活習慣が身につき、身の回りのことを自分で行おうとしていた。服の裏返しや上着のボタンやチャックにも挑戦する姿もあるが、一人で行うことが難しい子どももいるため、難しい時には様子を見て援助していった。ブクブクうがいとガラガラうがいの違いが分かっていても、ガラガラうがいは難しい子が多かった。個々に合わせてやり方を丁寧に伝えていく。

3歳児:
お手玉などを通し、正月ならではの遊びを知り、楽しむことができていた。クッキングでは、きのこの種類を知り、匂いを嗅いでみたり、触ったりして食材に興味をもつことができていた。クッキングをして自分で作ったものを食べる喜びを友だちと共有していくことができていた。戸外から帰った後、排泄後の手洗い、うがいなど保育者の声かけを受けながら丁寧に行うことができていた。お楽しみ会の練習を通して音楽に触れ、リズムを楽しむことができていた。食事面では、友だちと会話を楽しみ明るい雰囲気の中で食べることができたが、集中力が切れ遊んでしまう姿も見られたため、食事のマナーを繰り返し伝えていく。

4歳児:
休み明けは生活リズムを取り戻すまでに時間を要したので、活動と休息の時間配分に留意しながら過ごした。その中ではゆったりと室内で過ごすことも多く、干支にちなんだ絵本を見たりカルタ遊びを楽しんだりするなど、日本の文化にふれることができた。製作で取り組んだ福笑いを楽しむ姿も見られた。戸外では霜柱や風の冷たさに気づきながら、たっぷりと体を動かして遊んでいた。お楽しみ会の練習では仲間と協力する大切さを知り、互いに協力しながら取り組もうとする姿が見られるようになっていった。生活面では丁寧さに欠ける姿が目立っていたので、課題が残った。翌月へ繋げていく。

5歳児:
生活リズムを取り戻すまでに時間はかからず、落ち着いて過ごすことができていた。お楽しみ会の練習にも少しずつ熱が入り始め、集中力の差からトラブルになることも増えてきたので、お互いの言い分をしっかりと聞き納得して次へ進めるようサポートしていった。自由に遊ぶ時間が足りないことを皆で話し合い、時間の使い方を工夫するなど自分たちで考え、決めたことを守ろうとする姿が見られるようになったので、集団の中での約束事を守ることで落ち着いて過ごすことができることを知らせていった。それでも慌ただしい面も見られたのでメリハリのある活動内容となるよう、様々な経験ができる機会を増やしていった。小学校見学は就学への不安を和らげ期待を高める良い機会となったようであった。