〒 252-0141
神奈川県相模原市緑区相原2-10-19
TEL:042-775-5361 FAX:042-775-5362

情報公開

計算書類の公開

計算書類等は こちら をご覧ください。

9月の保育園評価

0歳児:
鼻水や咳の症状が見られていたが全体的には元気に登園してきていた。月齢差もあるため活動の際には、一人ひとりの発達にあった環境を整えたり、保育士が側についたりしながら全身運動を行えるようにしていった。そうしたことで、低月齢児も無理なく他の子どもたちと一緒に体を動かす楽しさを知ることができていた。遊びの中で年上の友だちの動きを真似たり、ゆったり保育士とスキンシップをとったりすることで安心しながら過ごすことができていた。また、その中でも欲求や喃語が見られた際には受け止めながら情緒的な絆を形成していった。散歩は天候が不安定で行くことはできなかった。戸外では園庭の動植物にふれながら身近な秋の自然を感じられることができていた。また、探索をしたり遊具で遊んだりして伸び伸びと遊ぶこともできていた。

1歳児:
朝夕の気温の差から体調を崩しやすくなり、咳や鼻水の症状が悪化し発熱するなど、月の後半に欠席児が目立っていた。衣服を調節し休息や水分をこまめに摂ることで体調管理に努めていった。天気の良い日は戸外へ出て、伸び伸びと体を動かすことができた。散歩を久しぶりではあったが、園内散歩を取り入れたこともあり友だちとしっかり手を繋いで歩く姿が見られた。自然物にも興味を示し、見たりふれたりすることで季節の変化を感じることができた様子であった。着脱に意欲的な姿に対しては介助しすぎずに見守りながら達成感を味わえるよう配慮し、難しい子どもには手を添えて一緒に行うことでやってみようという気持ちを引き出していった。食事面では高月齢児を中心に三点もちが安定し食べこぼしも少なくなったことで、エプロンの使用をやめたが、問題なく食べ進めることができた。

2歳児:
散歩に出かけた際に季節の動植物に親しみをもち、興味をもつ姿が見られた。一人ひとりが興味をもてるように子どもたちの発見に耳を傾けながら丁寧な声かけを心掛けていった。また、友だちとの関わりの中で信頼関係を深める姿が見られていたが、その反面で自分の思いを通そうとする姿も見られていたため、お互いの気持ちを理解できるように代弁していった。季節の変わり目でもあるため衣服の調節を促しながら健康で快適に過ごせるように配慮していった。着脱の面でも自分で最後まで畳んだり、脱ぎ着ができたりする様子が見られていたのでできた際には「最後までできたね」と褒めながら関わっていった。

3歳児:
月の半ばでは鼻水の症状が見られる子どもが多かったが、全体を通しては大きく体調を崩すことなく登園してきていた。運動会の練習では、得意なことは他児のお手本になったり、拍手をもらったりすることで自信につながった。苦手なことは保育士に励まされたり、繰り返し行ったりすることで少しずつ自信にも繋がり意欲的に行う様子が見られていた。戸外では秋の自然にふれながら伸び伸びと体を動かすことができており、集団遊びを通して友だちとともにルールのある遊びも楽しむことができていた。また、身の回りのことに関しては積極的に行う様子も見られていたので褒めながらさらなる意欲へと繋げていった。

4歳児:
上旬は暑さが厳しかったが、中旬より戸外へ出て秋の自然にふれたり、肌で秋らしさを感じたりすることができていた。子どもたち自身も気温の違いや秋の植物の匂いに気がつき、保育士に伝えてきたため「キンモクセイの匂いだね」などと気持ちに共感し、秋の植物を知らせていった。運動会練習を含め、体を動かす日を多く取り入れた。その中でできるようになったことを褒め、自信がもてるように丁寧な声かけをしたことでさらなる意欲に繋がっていた。また、生活面の中で思ったことや感じたことなどを話すことで、会話の楽しさややりとりに気がつけるようにしていったことで積極的に会話をする子の姿も見られた。文字指導や絵画などにも子どもたちは興味を持ち取り組む姿が見られた。

5歳児:
体調面では体調を崩すこともなく元気に登園する様子が見られたので、引き続き子どもたちの体調に留意したり、登降園時に検温をしたりしながら過ごしていった。運動会の練習では目標に向かって少しでもできることが増えていく経験を通して、自信をつけたり意欲に繋げたりした。友だち同士でも応援し合ったり、アドバイスをして教え合ったり、励まし合ったりする姿が見られ、友だちへの親しみや信頼が高まった様子が見られた。「できた」を大事にすることで、充実感が味わえることができたように感じた。運動会の練習のみならず、遊びの中で積極的に体を動かしていくことで年長児としての静と動のメリハリに繋げていけるよう活動に配慮した。クッキングでは衛生面に留意しながら行った。久しぶりのクッキングだったため子どもたちはとても喜んで参加していた。

↑ PAGE TOP