おたより

  • おたより
  • 採用情報
  • 情報公開
  • 社会福祉法人 篤星会

社会福祉法人 篤星会

  • 社会福祉法人 篤星会
    星の子第2保育園
  • 〒252-0143
    神奈川県相模原市緑区橋本8-27-23
  • TEL:042-775-2580 042-775-2580
  • FAX:042-775-2581

園だより

行事予定

6日(金) 誕生会
19日(木) 乳児健診
26日(木) 子育て広場(伝承あそび)
27日(金) 健康体操

3・10・17・24・31日(火)園庭開放
※ 今後の情勢等により、予定が変更になる可能性がありますので、ご了承ください。

暑熱順化(体が暑さに慣れること)に有効な対策

日常生活の中で適度な運動(週5回、ウォーキング目安30分、ジョギング目安15分)、入浴(湯船に浸かる目安2日に1回)をし、汗をかき、体を暑さに慣れさせましょう。個人差もありますが暑熱順化には、数日から2週間程度かかります。暑熱順化できていると熱中症になりにくい状態ですが、お盆明け等、休みの間に暑熱順化が戻ってしまう場合がありますので、継続することが大切です。

水分補給の大切さ

大人の体は7割近くが水分です。乳幼児はさらにその割合が増え、生まれたばかりの乳児だと、なんと8割近くになります。その分、失われる水分量も多くこまめな水分補給が必要になります。

水分補給のポイント
  1. 起床時、就寝前、運動の前後、入浴前後等、汗をかく前と後に飲ませるのがよいでしょう。
  2. 一度に大量を与えるのは避け、コップ1杯程度の量をこまめに与えましょう。
  3. 病気にかかっていなければ白湯や麦茶等がよいでしょう。糖分の多いジュースや、消化に時間のかかる牛乳、硬度の高いミネラルウォーターは、水分補給という点ではあまり適しません。失われた電解質を補充する時は、経口補水液が役立ちます。
水分をこまめに摂る理由

水分を摂取しても体に浸透するのに20分ほどかかります。また一度に沢山の水分を摂っても、体はうまく吸収することが出来ません。吸収しきれなかった水分はそのまま尿として排出されてしまうのです。つまり、水分はこまめに少しずつとり、喉が渇いたと感じていなくても意識的にとる事が大切なのです。 喉が渇いた時では、すでに体が脱水症状を起こしているため、生活の中で飲むタイミングを決めることで習慣化され、忘れずに水分補給を行うことができます

~水の事故に注意~

夏は海や川、湖やプール等、水とふれあう遊びが楽しい季節です。一方で、自然の中での急な天候の変化だけでなく、身近にある家庭用のプールやお風呂等、少しの水位であっても思わぬ事故へとつながることがあります。水の周りではお子さんから目を離さず、安全面に十分留意しながら水と親しみましょう。

給食だより

フォトギャラリー

各月の行事の写真です

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月