おたより

  • おたより
  • 採用情報
  • 情報公開
  • 社会福祉法人 篤星会

社会福祉法人 篤星会

  • 社会福祉法人 篤星会
    星の子第2保育園
  • 〒252-0143
    神奈川県相模原市緑区橋本8-27-23
  • TEL:042-775-2580 042-775-2580
  • FAX:042-775-2581

園だより

行事予定

17日(月) 誕生会
20日(木) 健康体操
26日(水) 春の遠足(さくら組)
27日(木) 伝承あそび

11・18・25日(火)園庭開放
※ 今後の情勢により、予定が変更になる可能性がありますので、ご了承ください。

新しいクラスの様子…☆彡

進級・入園より早いもので一か月が経ちました。新入園児さんは少しずつ園生活に慣れ、笑顔が見られ始めていることをうれしく思います。進級児さんも新しい環境・担任にドキドキしている様子でしたが、変わらず友だち、保育士と仲良く遊ぶ姿が見られています。

外遊びが大好きな乳児組さん。
心地よい風にあたることを喜んでいます。そんな心地よい中、保育士におんぶされながら眠りにつくこともある0歳児さんです…♪春の虫や草花などの自然にも興味津々な子どもたち。1歳児さんは保育士が落ち葉を集め、上から降らせると見上げて喜んでいます。その後保育士の真似をすることも楽しみ、喜びを共有しています。2歳児さんは図鑑をもって園庭に出て、観察を楽しんでいます。虫と図鑑の絵を照らし合わせることで様々な気づきがあり、観察力も養われています。
新しい活動が増え、期待でいっぱいの幼児組さん。
こいのぼりの製作活動では、3歳児さんは糊、4、5歳児さんはハサミを使用し、微細な作業を指先を使って行いました。皆、意欲的に取り組み、少し難しい場面でも努力をしている様子が見られ、成長を感じました。完成したこいのぼりを見て、「できた!すごい!」と感動していた子どもたち。これからも様々な技法を取り入れ、楽しく取り組むことができるように工夫していきたいと思います。また、3歳児さんは平仮名読み、4歳児さんは文字遊び、5歳児さんは数遊びも少しずつ始まりますので、充実した日々を過ごしていきたいと思います。

子どもの肌着の重要性

肌着の役割
汗を吸ってくれる
体温調節ができる
肌トラブルの予防になる
肌着を着せるおすすめの「とき」
寝るとき
寝ているときは汗をかきやすいので、汗や皮脂の汚れを吸収して体を清潔に保ってくれる肌着はとてもおすすめです。
化繊衣類を着るとき
肌に刺激があるような素材(ポリエステルやナイロン等)が含まれる衣服は、子どもの繊細な肌とこすれたりすると、かゆみや湿疹などの原因になります。特に肌の弱いお子様はやさしい肌触りの天然素材の肌着を下に着せてあげるのがおすすめです。
寒いとき
子どもは体温が高いので、大人が肌寒いと感じたときに肌着を着せるのがおすすめです。目安の1つとしてお子さまの後頭部付近を触って湿り気を感じるようであれば、汗をかいているので肌着は着せなくても大丈夫です。※子どもの肌、衣服の調節等の面を考えると年間通して半袖の肌着着用がお勧めです。
Tシャツと肌着の違い
Tシャツと肌着は似ているようで、違うものです。
Tシャツと肌着で素材が同じものもありますが、Tシャツは肌との隙間が生じる為、汗の吸収が肌着より劣ります。
子どものTシャツにはかわいいイラストやロゴがプリントされているものが多くあります。たとえ綿100%でもプリント部分は加工が施されているため、通気性が悪く汗も吸いにくいです。また、背中に大きなプリントの入ったTシャツを着てリュックを背負うと、背中の汗がこもって気持ち悪さが増します。Tシャツの下に肌着を着用することで汗を効率的に吸い、プリントによる肌への刺激や不快感を軽減してくれます。

給食だより

フォトギャラリー

各月の行事の写真です

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月