情報公開

  • おたより
  • 採用情報
  • 情報公開
  • 社会福祉法人 篤星会

社会福祉法人 篤星会

  • 社会福祉法人 篤星会
    星の子第2保育園
  • 〒252-0143
    神奈川県相模原市緑区橋本8-27-23
  • TEL:042-775-2580 042-775-2580
  • FAX:042-775-2581

計算書類の公開

計算書類等は こちら をご覧ください。

4月の保育園評価

0歳児:
新しい環境には少しずつ慣れ、送迎時を中心に保護者と積極的にコミュニケーションをとるようにしたことで、一人ひとりの生活リズムを把握することができた。少しずつ授乳や睡眠時間が安定し、個々のリズムが整いつつあった。スキンシップを多くとることで信頼関係を築けるようにし、安心して過ごせるよう働きかけた。一人ひとりの欲求や甘えに応えることで落ち着いて過ごせる時間が増えたが、体調が優れない時は情緒も不安定になりやすかったため、体調管理に努めながら情緒の安定も図った。

1歳児:
新入園児は新しい環境に慣れず泣く姿が見られたが、特定の保育士と関係が作れるようスキンシップを取ることで、少しずつ安心して過ごせるようになった。進級児は新しい環境に戸惑いながらも、新しい友だちに興味を示していた。一人ひとり丁寧に関わることで、生活のリズムも安定し、環境にも慣れている様子だった。戸外に出ることを喜び、園庭内で探索活動を積極的に行い、体を動かしながら自然に触れることも楽しんでいた。

2歳児:
新しい環境には徐々に慣れ、落ち着いて生活することができた。コーナー保育を取り入れ、環境を整えることで友だちと好きな遊びを選び楽しんでいた。図鑑をもって園庭に出る機会を設けた。季節の草花や虫を観察し、図鑑と見比べることで自然に興味関心をもつと同時に、保育士や子ども同士でのコミュニケーションも多く見られるようになった。散歩に出掛け、歩くことで楽しく体を動かすことができた。室内では巧技台を使用し、積極的に体を動かせるよう働きかけた。今後も子どもが自ら体を動かしたくなるような環境を設定していきたい。

3歳児:
新しい環境に戸惑いながらも、年上の友だちや保育士とともに生活をすることで環境に慣れ、楽しく過ごすことができた。“戸外遊び後は手洗い・うがいをする”“鼻水が出たら拭く”など清潔で健康的な生活のために大切なことを意識できるように働きかけた。今後も健やかに過ごせるよう繰り返し伝えていくようにする。

4歳児:
異年齢児との関わりを楽しみながら、自ら遊びを選択し工夫して遊び込むことができた。進級の自覚をもち、様々な活動に進んで取り組む姿が見られ、自己発揮ができた。戸外では十分に体を動かし、時には日陰で休憩するなどしてメリハリをつけて過ごせるようにした。また、午睡時もしっかりと休息が取れるよう働きかけることで健やかに過ごすことができた。

5歳児:
進級直後は落ち着きのなさや年長児としての自覚に欠ける姿が見られたが、生活していく中で少しずつ意識が高まっていく様子が伺えた。戸外で様々な植物や生き物に触れ、春らしい美しい自然への興味を深めた。集団の中で年長児としての自覚を持って活動に参加し人と人との触れ合いを通して、生きる力の基礎が培われるようにした。十分に体を動かし、しっかりと体を休めることで健やかに過ごすことができた。