情報公開

  • おたより
  • 採用情報
  • 情報公開
  • 社会福祉法人 篤星会

社会福祉法人 篤星会

  • 社会福祉法人 篤星会
    星の子第2保育園
  • 〒252-0143
    神奈川県相模原市緑区橋本8-27-23
  • TEL:042-775-2580 042-775-2580
  • FAX:042-775-2581

計算書類の公開

計算書類等は こちら をご覧ください。

7月の保育園評価

0歳児:
新入園児を迎え、新しい環境となった。環境の変化を敏感に感じている子どももいたが、保護者との連携を密にし、家庭での様子を聞きながら、スキンシップを多く取り、基本的欲求を満たすことで安心感をもてるようにした。体調を崩す子どもが多く、発熱、鼻水、咳の症状がみられた。体調管理に注意しながら、水遊びを楽しむことができ水の心地良さを感じることができた。少しずつ興味のある玩具で集中して遊ぶ姿もみられるようになったため、引き続き生理的欲求を満たしつつ個々の生活リズムを整え愛着関係が深められるように、スキンシップを多くもつようにしていく。

1歳児(たんぽぽ組):
特定の保育士を求めたり、新入園児は保護者と離れる際に泣いたりする姿が見られたが、個々の様子に合わせてスキンシップを取り、気持ちを受け止め寄り添う事で少しずつ信頼関係を築いていく事ができた。プール・水遊びを通して夏の雰囲気を感じる事が出来たが、自然物や様々な素材を取り入れ、さらに遊びを発展させる事が出来るとより良かったと感じた。好きな遊びを見つけ、落ち着いて遊びに取り組む事ができ、身の回りの事にも意欲的に取り組む姿が見られた。引き続き、好きな遊びを十分に楽しむ事が出来る環境を整え、身の回りの事に興味が持てるよう働き掛けていく。

1歳児(すみれ組):
定員変更に伴い、2歳児との混合クラスとなった。環境の変化を敏感に感じている子どもの姿もあったが、保育士が子どもの気持ちに寄り添い、ゆったりと関わることで安心して生活を送れることができた。生活の流れも2歳児の真似をしながら少しずつ覚え、自分の物を取りに行ったり、自分から洋服を脱いだりと意欲的に取り組んでいた。プール遊びでは水の心地よさを感じながら、ダイナミックに遊べるようになった。玩具を使うと一人ひとりが集中して遊び、水の感触を感じて遊ぶことができた。今後も遊びが発展していけるように泥遊びなど違様々な感触を味わえるように環境を作っていく。

2歳児:
新入園児を迎えたり、定員変更に伴い1歳児との混合クラスとなったり、新しい環境にはじめは落ち着かないこともあったが、安心できるようスキンシップを取りながら過ごすことで、徐々に落ち着いた。他児に対して物事の善し悪しを教える姿が見られたが、気持ちが高揚すると便乗することがあった為、繰り返し簡単なきまりや約束事を守っていかれるように伝えていく。プール遊びではダイナミックに水に触れることで心地よさを感じながら十分に体を動かす事ができた。たくさん体を動かすことで空腹感を感じ、保育士や友だちとのやり取りを通して楽しみながら、苦手な食べ物もしっかりと食べることができた。

3歳児:
水遊び、プール遊びが始まり、脱いだ衣服や水着を自分たちでしまうなど、身のまわりのことを自分でできるよう促した。回数を重ねていくうちに、裏返しになった衣服を直したり、ズボンの前後に気づくことができたりと、進んで行えるようになった。引き続き、進んで身の回りのことを行えるよう工程などを伝えながら保育していく。雨の日が多く、室内で過ごすことが多かったが、晴れた日には積極的に戸外に出て、水遊びやプール遊びを楽しんだ。水を怖がることはなく、果敢に水に触れていき、涼しさや心地よさを感じながら、宝石探しやままごと、釣りごっこなどを楽しむことができていた。今後はプール遊びを積極的に取り入れていき、一人ひとりが立てた目標に向かって達成できるように取り組んでいく。

4歳児:
暑い日が多かったため、こまめに水分補給や室温を調節しながら健康に留意して過ごした。水遊びやプール遊びを積極的に行っていくことで、夏の暑さから身を守りながら遊ぶことができた。今後も、健康を意識しながら自分たちで体調管理を行っていかれるよう促していく。普段触れることの少ない玩具や遊び、活動などへ自分から積極的に関わっていかれる子どもや初めてのものへの不安から参加が難しい子どもがいた。参加が難しい子どもたちには、馴染みのない事物に触れたりすることの楽しさや、遊び方などの新しい発見などを伝えていくことで、少しずつ不安を無くしていけることができていた。今後も関わり方を工夫し、様々な活動や遊びなどで発見や楽しさを見つけられるようにしていく。

5歳児:
集団生活を通して、自分の思いを伝え合いながら遊びを発展させたり、工夫したりして遊びの幅を広げていくことができていた。その中で、意見が合わず言い合いになったり、意見を譲れなかったりすることがあったため、自分たちで解決できるように環境を設定し配慮していった。今後も意見を出し合い、遊びの幅を広げられるよう環境設定などの配慮をしていく。暑い日は積極的に水遊びやプール遊びを行い、夏ならではの遊びを楽しむことができていた。同学年だけではなく、異年齢での関わりを積極的に行い、水遊びプール遊びでは一緒にままごとや宝石遊び、魚釣りなど様々な水遊び、プール遊びを行うことができていた。今後も、異年齢での関わりを多くとっていき、優しさをもって関わっていけるようにしていく。