情報公開

  • おたより
  • 登園確認書ダウンロード
  • 採用情報
  • 情報公開
  • 社会福祉法人 篤星会

社会福祉法人 篤星会

  • 社会福祉法人 篤星会
    星の子第2保育園
  • 〒252-0143
    神奈川県相模原市緑区橋本8-27-23
  • TEL:042-775-2580 042-775-2580
  • FAX:042-775-2581

計算書類の公開

計算書類等は こちら をご覧ください。

12月の保育園評価

0歳児:
個々の発達に合わせながら、歩行、発語をわらべうたや遊びの中で促し、意欲が少しずつ育ってきた。離乳食に関しては家庭の状況に合わせながら完了へ向けて相談しながら行ったことで高月齢児は完了食、きざみ食に移行ができた。低月齢児は引き続き、完了に向けて発達を見ながら進めてきたい。自然物や人、様々なものに興味関心を示す姿がでてきた。友だちに関しては、興味ができたことで同じ遊びをしようと玩具の取り合いもあった。保育士が仲介に入り友だちとのコミュニケーションが楽しいものだと伝えながら遊びを促していきたい。

1歳児:
運動遊びやダンスを通して、走ったり跳んだり段差の上り下りをしたりと全身を動かすことを楽しんでいた。戸外で自然物に目を向けられるよう働き掛けたことで関心を持つことができ、「これなぁに?」と保育士に聞いたり、じっくりと観察して実際に触れてみたりと様々な経験をすることができた。水溜まりが氷になっていることを伝えると、興味を持って触り感触を楽しんだり、「つめたい」と感じたことを保育士に伝えたりする姿が見られた。引き続き、子ども達が興味や関心を持つことができるよう働き掛けていきたい。

2歳児:
室内では玩具を充実させたことで、ごっこ遊びが発展していき、保育士や友だちとのやり取りを楽しみながら遊ぶ姿が増えた。しかし、玩具の取り合いになると思いが上手く伝わらずトラブルになることが多く見られた。その都度、保育士が仲立ちして気持ちを代弁しながらどうすれば良いのか繰り返し伝えることで少しずつ自分の言葉で話す事ができた。戸外では自然に興味を示し、自由に探索活動を行う事で小さな実や葉っぱの色の変化などに気が付き、言葉で表現し、友だち同士で共有しながら観察し楽しんでいた。引き続き子どもたちが探究心を持って過ごせるように働きかけていきたい。

3歳児:
身近な友だちと関わり合いながら遊ぶ子が増え、友だちと一緒に活動にも積極的に参加する姿が見られた。一部、まだ個人で遊ぶことが多く他児との関わり合いがあまり見られない子どもや活動への参加に消極的な子もいるので、そういった子どもが友だちとの関わり合いを通して仲間意識を持ち、積極的に活動に参加できるよううながしていきたい。また、散歩先や園庭で冬の自然環境に触れながら過ごすことができた。図鑑などを用意し、より子どもたちが自然に対して興味を持てるようにしていきたい。語彙が増えてきたこともあり、言葉によるコミュニケーションが盛んになってきた。困っていることや要求を自分から発信できるように促し、子どもたちの言葉での表現がより豊かなものになるよう援助していきたい。

4歳児:
戸外遊びの際に落ち葉やどんぐり、木の実といった身近な自然物を拾い集め、それらを使って遊ぶ姿が見られた。寒くなってくると氷や霜柱も見られるようになり、冬ならではの自然事象も身近に感じることができた。自然物を遊びだけではなく、製作などの場面にも取り入れることができたら良かった。ごっこ遊びを中心とした集団での遊びを通して、「こうしていきたい」という設定を明確にし、劇遊びに向けて役柄決めや話の展開を考える際に皆で協力し合った。納得できない時には友だちと言い合いになることもあったが、保育士が仲立ちをして、互いに受け入れ合いながら進めることができた。今後、劇遊びにも繋げていけるようにする。

5歳児:
文字や数字に興味をもつ子どもが多く、積極的に遊びの中に取り入れながら感覚を豊かにさせていくことができていた。友だちと積極的に遊ぶことで仲間意識を高めていき、互いに信頼感をもちながら過ごすことができていた。時折意見が合わず言い合いになることもあったため、思いやることの大切さを伝えていく。異年齢で過ごしていることで、年下の友だちへの思いやりをもちながら過ごすことができていた。引き続き、異年齢での関わりを大いに取り入れながら、異年齢で過ごす楽しさを味わえるようにしていく。