〒 252-0143
神奈川県相模原市緑区橋本8-27-23
TEL:042-775-2580 FAX:042-775-2581

情報公開

計算書類の公開

計算書類等は こちら をご覧ください。

9月の保育園評価

0歳児:
個々の月齢に合わせて、食事形態を移行していけるよう保護者と連携を取りながら進めた。それにより積極的に手掴み食べをする姿が見られた。発達面では一人ひとりに合った環境を整え、遊びの中で少しずつ成長を促した。夏の疲れが感じられたが、保護者と連携を取りながら体調管理をすることで、大きく体調を崩すことなく過ごすことができた。運動遊びも個々の発達に合わせながら取り入れることで、少しずつできることを増やせるようにした。他児に対しての関心は高く、一緒に遊ぼうとする反面玩具の取り合いになることも多かった。保育士が仲立ちとなりながらやり取りの楽しさを知らせていく。

1歳児:
暑さが落ち着いた9月後半は積極的に散歩に出掛けた。草花や虫に興味を示し、指差しをして保育士に知らせたり、地域の方に手を振ったりと周囲に興味をもって行動をしている姿に成長を感じた。衣服の調節が必要な日も増えてきたため、気温に合わせてその都度着替えを行った。季節の変わり目には体調を崩してしまう子どもが数名見られたため、健康管理に努めた。

2歳児:
戸外に出て、自ら草花や虫などに目を向け遊ぶ姿が見られた。興味関心をもって観察し、色や形を保育士に伝えたり、遊びの中に取り入れたりして楽しむことができた。お店やさんごっこや電車ごっこなど、ごっこ遊び・見立て遊びのやり取りを積極的に楽しんでいた。トラブルになる場面も見られたが、保育士が仲立ちとなりながら言葉での伝え方を知らせた。

3歳児:
積極的に年上の友だちと関わり、話し方や気持ちの表現の仕方などを学べるように働きかけた。生活面では幼児らしく自立してきたため、様々なことに進んで取り組むことができた。大いに褒めて自信に繋げた。自ら積極的に活動や遊びに加わる姿が見られたが、やり取りの中でトラブルになる場面もあったため、その都度保育士が仲立ちをして解決へ導いた。

4歳児:
遊びや生活の中で友だちと関わりながらのびのびと過ごし、お互いの良いところを伸ばし合えるように働きかけた。相手の話を聞くことが難しい場面が見られたため、保育士が仲立ちをしながら気持ちを伝え合うことができるようにした。散歩や戸外遊びを通して、自然に触れ、植物や生き物に興味がもてるように働きかけた。

5歳児:
運動会の練習など、異年齢や同学年で協力し合う機会を設けたことで、年長児としての自覚や自信をもてるようにした。しかし、集中力が持続せず、年長児としての自覚が欠けてしまうこともあった。メリハリをつけて活動に参加できるようにしていく。全体的には仲間の必要性を実感し、友だちへの親しみや信頼感を高めることはできた。製作活動では、のり絵の具を使用することで、普段あまり触れることのない感触に味わい、表現することを楽しむことができた。同学年同士でのトラブルが見られたが、保育士が仲立ちとなり相手の気持ちを考えることができるようにした。


↑ PAGE TOP