情報公開

  • おたより
  • 採用情報
  • 情報公開
  • 社会福祉法人 篤星会

社会福祉法人 篤星会

  • 社会福祉法人 篤星会
    星の子第2保育園
  • 〒252-0143
    神奈川県相模原市緑区橋本8-27-23
  • TEL:042-775-2580 042-775-2580
  • FAX:042-775-2581

計算書類の公開

計算書類等は こちら をご覧ください。

12月の保育園評価

0歳児:
友だちとの関わりが広がったことで友だちがもっている玩具に興味をもち、トラブルになることがあった。相手の気持ちを伝えたり、やり取りの仕方を伝えたりと仲立ちをしながら見守った。自然に興味をもつ姿が見られた。子どもの興味・関心に寄り添うことで、自由に探索することができた。ゆったりと過ごすことで保育士や友だちとの関わりを楽しみ、喜ぶ姿が増えた。思いや欲求を仕草や指差しで伝えようとしていたため、丁寧に汲み取ることで情緒的な絆を形成することができた。

1歳児:
室内・戸外共に手足を使って体を動かすことを楽しむ姿が多く見られた。遊びの中で走ったり、跳んだりと全身を動かすことができた。散歩や戸外に出掛けた際には、自然物に目を向けられるよう働きかけたことで、子ども自身の気づきが増えた。霜柱など冬ならではの自然に触れることで、「冷たい」などの感触を楽しみ、共有する喜びを感じることができた。他児の様子に興味をもち、感じたことを保育士に伝える姿が見られた。

2歳児:
繰り返し同じ遊びを選択し、遊び込む姿が見られた。今後もいろいろな遊びを提案しながら、子どもと一緒に考え、遊びが発展するよう働きかけていく。少しずつ友だちとの遊びを通して、きまりや約束事を知ることができた。簡単な言葉かけや視覚的な環境設定を行うことで、意識が高まるようにしていく。異年齢児と関わる機会を設けることで、やり取りを楽しみながら遊ぶことができた。今後は感染状況を見ながら安全に遊ぶことができるようにしていく。

3歳児:
戸外遊びや散歩を通して、自然に関わる機会を多く持つことができた。ドングリや落ち葉などをごっこ遊びや製作活動に取り入れることで興味をもち、意欲的に参加することができた。言葉で思いを伝えることができたが、上手く伝えられなかった際に、トラブルに発展することがあった。保育士や年上の友だちからやり取りの仕方を学ぶことで、言葉で伝える大切さを知ることができた。

4歳児:
遊びの中で友だちとのやり取りを楽しみながら、イメージを共有することができた。縦割りグループでの生活や友だちとの遊びの中で、協力すること、団結することができた。交通安全教室や日々の遊びなどを通して、ルールや約束を守る大切さを学び、道徳性や規範意識の芽生えに繋げた。

5歳児:
遊びや活動の中で、文字や数などに興味をもち、互いに教え合いながら感覚を豊かにする姿が見られた。友だちと穏やかに関わりながら信頼関係が深まった様子が見られた。交通安全教室や日々の遊びなどを通して、ルールや約束を守る大切さを学び、道徳性や規範意識の芽生えに繋げた。