情報公開

  • おたより
  • 登園確認書ダウンロード
  • 採用情報
  • 情報公開
  • 社会福祉法人 篤星会

社会福祉法人 篤星会

  • 社会福祉法人 篤星会
    星の子第2保育園
  • 〒252-0143
    神奈川県相模原市緑区橋本8-27-23
  • TEL:042-775-2580 042-775-2580
  • FAX:042-775-2581

計算書類の公開

計算書類等は こちら をご覧ください。

2月の保育園評価

0歳児:
少しずつ自分の周りのことができるようになり、保育士に見守られながら基本的生活習慣を身に付けていくことができていた。難しい部分は保育士が介助しながら進めていくことで、「できる」という自信へ繋げていくことができた。身支度や身の回りのことを「自分で」という気持ちが膨らんでいき、衣服の袖を通そうとしたり、靴下を準備したりと一つひとつの身の回りのことができるようになった。今後も、援助しながらできることを増やしていく。

1歳児:
気温に合わせ衣服の調節こまめにしながら、散歩の機会を増やすことで、体力が付き健康に過ごすことができたと共に、簡単なル-ルのある遊びを楽しみながら順番を守ったり譲ったりを学ぶことができ成長を感じた。雪の降った日もあったため、園庭で元気に雪遊びをすることができ、雪に触れ「冷たいね、楽しいね」と友だち同士の会話を楽しむ姿も増え、自然を感じ様々な体験や経験ができた。給食の食材に興味をもち「今日の給食は何?」と、旬の野菜や魚肉など、食べる前に確認し「お魚美味しいね、これブロッコリー、好き」などと食材に興味や関心をもってたのしくおいしく食べることができた。引き続き働きかけ、食材だけでなく食事がどのように作られるかなどにも興味関心がもてるようしていく。

2歳児:
健康体育で行っている体操や体を大きく動かすわらべうたなど、様々な運動遊びを楽しむことができていた。今後も様々な運動遊びを日頃から取り入れていきたい。戸外では積極的に自然物を探し、発見すると友だちと共有し触れることができていた。砂遊びでは感触を楽しみながら様々な性質に気付くことができていたため、今後も環境を整えていく。使いたい物があると「貸して」と何度も言う姿があったが、「後で貸すから待っててね」と言われると順番を待つことができ、わらべうたを通して役を交代しながら友だちと一緒に楽しむことができていた。生活の中で知っている身のまわりの物の名前を口にしたり、自然物の色や形を保育者に聞いて数を数えたりと、言葉を使って伝えることができていた。今後も言葉のやり取りを楽しむことができるよう働きかけていく。

3歳児:
年度の終わりに少しずつ近付いてきて、日頃の生活の中では基本的生活習慣を身に付け、見通しを持って自主的に行動する姿が見られている。「お楽しみ会」に向け、みんなで一生懸命取り組んできて、本番はいつもと違った雰囲気だったが、楽しんでやれた子どももいれば、中には劇や遊戯など今までの取り組みの成果を発揮しきれない子どももいた。それでも目標に向け、それぞれがんばってきた過程を大事にしていき、成長へと繋げられるようにしていきたい。

4歳児:
お楽しみ会に向けての活動を楽しみながら、感情豊かな表現をすることができた。遊びの中でも言葉での表現や感情の表し方に成長を感じる場面が多々あった。また、劇遊びを通して、年少児に対して思いやりを持って接する姿が見られるようになってきた。年上としての自覚を持ち、年長児になるという進級への意識も高めていけるよう働きかけていきたい。 雪が降った翌日には雪遊びを園庭で楽しみ、気温の高い日には出てきた虫などの生き物や自然物に興味を持つ姿が見られた。散歩へ行けない日が続いているため、気候のよくなってくる3月には散歩を多く取り入れていきたい。

5歳児:
お楽しみ会に向けて、劇や遊戯、合奏など様々なことを体験することで想像力を養った。子どもたちからやりたい気持ちが溢れ、友だちと協力しながら積極的に取り組んでいた。友だちが困っていると教えてあげながら、お互いに助け合い、1つの物を作り上げることで達成感を得ることができた。気持ちが高まっている時に周りが見えず、安全に対する意識が薄れてしまい危険な行動が見られることがあった。安全に対する認識や関心を高めていけるように働きかけていきたい。