情報公開

  • おたより
  • 採用情報
  • 情報公開
  • 社会福祉法人 篤星会

社会福祉法人 篤星会

  • 社会福祉法人 篤星会
    星の子第2保育園
  • 〒252-0143
    神奈川県相模原市緑区橋本8-27-23
  • TEL:042-775-2580 042-775-2580
  • FAX:042-775-2581

計算書類の公開

計算書類等は こちら をご覧ください。

5月の保育園評価

0歳児:
保育士との応対的なふれあいや、あやされたり守られたりすることで安心感が得られ少しずつ保育士との信頼関係を築いていくことができた。一人ひとりの甘えや欲求に応えることで愛着関係を深め安定した情緒、豊かな個性が育まれてきた。また、信頼関係が築けてきたことで、新しいことに関して積極的に関わる姿が見られたため、今後も一人ひとりとコミュニケーションをとり豊かな個性が育まれるように環境設定を工夫しながら促していきたい。

1歳児:
暖かい日には積極的に戸外へ出る事で、走ったり段差の上り下りをしたりと自由に体を動かし楽しむ姿があった。定期的に運動遊びを取り入れた事で、様々な動作が求められ体の動かし方を知る事もできたため、今後も日々の中で運動遊びを取り入れていく。自分のマークを覚え、ロッカーに靴下や脱いだ衣服を片付けるなど身の回りの事を積極的に行う姿が見られた。今後も保育士の援助のもと基本的生活習慣の基礎を伝えていく。

2歳児:
保育士との関りの中で、伝承あそびや触れ合いあそびを多く取り入れることで安心して過ごせることが増え、生活の流れも身に付いてきた。その中でズボンの裏返しや衣服の着脱やトイレでの排泄等の身の回りのことを自分でできることが増え、その都度褒めることで自信にも繋がっていったため、これからも自信を持って取り組めるように援助していく。戸外に出ると、自然に目を向け、虫や花など気になるものを教え合ったり、観察したりしながら、様々な事象に興味を示していた。子どもたちの発見に寄り添うことで虫の動きを真似するなどして、新たな気付きにつながっていた為、引き続き寄り添っていきたい。

3歳児:
友だちと会話を通してコミュニケーションを取り、気持ちを伝えることができていた。玩具の使い方について、物が落ちていても拾わなかったり、使ったものをそのままにしたりすることが多く見られた。その為、声掛けをしていきながら、自分たちで意識をして遊び方を考えていけるよう話をしていった。食事では、フォークでの下手持ち、三点持ちが身に付いてきた。箸への移行を進めていくため、遊びの中で箸の持ち方を知ったり、家庭でも経験したりする機会を取り入れてもらうよう伝えながら、箸への移行を促していきたい。

4歳児:
5歳児の遊び方を真似して、遊びの中に取り入れ、子どもたち同士で遊びを発展させることができていた。周りを見て友だちを気遣ったり、困っている友だちがいたら、声を掛けたりするなど優しい姿が見られた。気持ちが高揚すると、声が大きくなったり、クラスの中を走ろうとしたりすることがあったため、落ち着いた環境づくりを心掛け、どのように過ごすべきなのか、時間を見てどのように行動するべきなのかという事を伝えていった。話をすると、自分なりに意識をして過ごすことができていた。

5歳児:
クラスに慣れてきて、年長児としての意識をもちながら、文字遊びやゲーム遊びなどの活動に積極的に参加することができていた。また、年下の友だちへ活動内容を詳しく教えるなど年長児としての自覚をもち、接することができていた。
自分の思いや考えを出し合いながら遊びを進めていったが、意見が合わず言い合うこともあった。自分の思いを伝えながらも、相手の意見を聞き入れ、互いに仲良く楽しめるよう促していったことで、少しずつ意識することができていた。
集団生活の中で様々な活動へ意欲的に参加することで、意見を伝えることの大切さや、相手の話を聞くことの重要性など、これから生活していく中での基礎を培っていくことができていた。今後も、人と関わることの大切さを伝えていく。