〒 252-0143
神奈川県相模原市緑区橋本8-27-23
TEL:042-775-2580 FAX:042-775-2581

情報公開

計算書類の公開

計算書類等は こちら をご覧ください。

4月の保育園評価

0歳児:
新しい環境の中、子どもたちが安心して過ごすことができるよう、快適な環境を整えるようにした。保育士との関わりを求めて泣く子どもの姿も見られたため、十分にスキンシップを取りながら関わることによって、徐々に慣れていくことができた。月後半からは保育士との信頼関係もでき、甘えや欲求を満たしてもらいながら過ごせるようになった。また、園と保護者との連携も大切にし、子どもの様子や家庭での様子をこまめに伝え合い、一人ひとりに合った生活リズムで過ごせるように配慮した。

1歳児:
新しい環境や生活に戸惑う子どもが数名いたが、保育士との触れ合いを十分にもつことで安心して過ごすことができた。新入園児は、最初は保護者との分離時に涙を見せることがあったが、日々スキンシップを取る中で信頼関係を築くことができ、次第に園生活に慣れ笑顔を見せることが増えた。戸外遊びでは陽の暖かさを感じながら伸び伸びと体を動かして遊ぶことができた。

2歳児:
皆進級園児であり生活の流れを把握し、保育士との信頼関係もできていたため、比較的落ち着いて過ごすことができた。数名は新しい環境に疲れを見せることがあったため、快適な環境を整えながら保育士とのスキンシップを大切にし、ゆったりと過ごせるようにした。様々な遊びを提供し、その都度工夫することで他児と関わって遊ぶことが増え、その楽しさを感じることができた。/p>

3歳児:
進級当初は、慣れない環境に戸惑う姿が見られたが、保育士や異年齢児との交流から少しずつ環境に慣れていき、その中で、自分でできることは自分でしようとする姿が多く見られるようになった。また、ロッカーなど保育室の使い方を繰り返し伝えていくことで、生活の簡単な約束事を覚えることができるよう関わったが、慣れない点が見られたため、わかりやすく丁寧に伝えていきたいと感じた。

4歳児:
新しい生活に少しずつ慣れてきた様子が見られ、安心して過ごすことができた。しかし、友だちとの関わりでトラブルになる場面が多く見られたため、その都度相手の気持ちを考え、どのように関わればいいのかを保育士が仲立ちとなりながら一緒に考え解決できるようにした。異年齢での関わりの輪が少しずつ広がり、楽しく遊ぶことができていたが、気持ちを上手く表現できないことがあったため、表現の仕方を丁寧に知らせていく。

5歳児:
新しい環境にすぐに慣れ、落ち着いて生活を送ることができた。草花などの自然や気温から春を感じることができた。しかし、自然の美しさに興味、関心をもつことが少なかったため、保育士の気付きを共有しながら興味に繋げていきたいと感じた。相手の気持ちを考えながら自分の思いを伝え合い、異年齢児の手本となりながら遊ぶ姿が見られた。今後も年長児として、様々な場面で、自分で考え行動することができるよう見守っていく。


↑ PAGE TOP