〒 252-0141
神奈川県相模原市緑区相原2-10-19
TEL:042-775-5361 FAX:042-775-5362

情報公開

計算書類の公開

計算書類等は こちら をご覧ください。

10月の保育園評価

0歳児:
中旬以降、朝夕の気温が下がるにつれ、咳や鼻水の症状が出始め長引く姿が目立つようになってきたので、薬の服用状況をこまめに確認しながら体調の変化に注意していった。天候に恵まれ、戸外遊びや散歩の機会を多くもつことができたので、自然物にふれたり友だちと一緒に伸び伸びと体を動かしたり楽しむ姿が見られた。高月齢児中心の活動内容になりがちであった部分は反省点であるが、室内遊びの際には低月齢児も活動しやすいよう環境構成を工夫し、保育士とのスキンシップを楽しめるよう配慮した。食事面では、日により意欲や食事量に差が見られたので楽しい雰囲気づくりを心がけ無理なく食べ進められるよう励ましていった。また、スプーンを使いしっかり噛んで完食できるようにしていった。

1歳児:
体調面は咳や鼻水、発熱の症状が出ている子どもがいたが、全体的には元気に登園してきていた。天気の良い日は積極的に戸外や散歩へでかけた。散歩に行く期間が空いてしまったが、地面にしゃがみこまず頑張って歩く姿に成長を感じられ、消防署、ふれあい広場まで歩いて行くことができていた。着脱面では身の回りのことに興味をもち自分でしようとすることが増えてきたためその姿を見守りつつ、できない時はやり方を伝え、褒めながら自信へとつなげていった。季節の食材にふれる活動では、保育者がさつまいもを見せながら子どもたちが興味を示せるような声をかけしたことで興味を示しながらふれる姿が見られ良い機会であったと感じた。

2歳児:
製作ではクレヨンや絵の具を使い、自由に表現することを楽しんでいた。自由画では保育士が見本を見せ、目的をもって描けるように促すと、目的をもって描く姿が見られたり様々な色を使って表現したりすることを楽しんでいた。戸外遊びではボールやフラフープ、アスレチックのロープやネットなどで体を動かして遊ぶ姿が見られ、様々な運動機能を発達させ身体を動かすことを楽しんでいた。保育士も遊びに加わることで、ボールの投げ方や取り方、フラフープの回し方や転がし方などを伝えながら遊ぶことで真似して遊ぶ姿が見られていた。友だちと関わる際に言葉でのやりとりを楽しんでいたが、トラブルになると手が出てしまっていたので言葉でのやりとりを伝えていった。さつまいも掘りでは、土の感触や虫を発見することができ、子どもたちの表情も良かった。

3歳児:
積極的に戸外や散歩に出かけたことで夏から秋への季節の移り変わりを感じながら、伸び伸びと過ごすことができた。秋の植物に触れ、自然を感じることができた反面、後半は製作活動などを優先して行ったため、戸外に出て遊ぶ時間を充分に設けられなかったことが反省点である。玩具や遊びを通して友だち同士でルールを伝え合ったり一緒に遊んだりすることを楽しんでいた。玩具や場所を巡ってトラブルが起きやすかったため保育士が仲立ちとなりながら関わっていった。運動会や秋の遠足という大きな行事に参加することで子どもたち自身に大きな達成感が生まれ自信へと繋がっていったので振り返り、認め褒めながら関わっていった。また、子どもたち自身も異年齢児との関わりをもつことができた。

4歳児:
朝晩の冷え込みが強くなり、季節の移り変わりを感じることができていたが、日中は暖かい日もあったので、体温調節ができるよう衣服の調節を促していった。月の前半は運動会に向けた活動が主となっており、子どもたちも当日まで期待を高めながら取り組むことができた。当日は普段と違う雰囲気に戸惑う様子も見られたが、一人ひとりが練習の成果を発揮し、最後まで笑顔でやり遂げることができていた。メダルをもらった子どもたちの顔は達成感に満ちていた。遠足では、異年齢での関わりを楽しみながら友だちと一緒に動物を見たり、お弁当を食べたりとよい思い出を作ることができた。全園児健康診断を通して、身体や心の大切さについて紙芝居などで分かりやすく伝えていくことができた。

5歳児:
運動会を通して同じ目的や目標をもち、競い合ったり励まし合ったりしながら一つのことを最後まで成し遂げ、達成感を味わうことができた。また、当日までも気持ちを高めながら関わりを大切にしていった。散歩や戸外遊びを設けることで、秋の自然を感じ伸び伸びと遊ぶことを楽しめたので良かったと感じた。脚力も含め戸外での活動を今後も取り入れながら子どもたちの体力を伸ばし、発散させていきたい。秋の遠足では多摩動物園へ行き、レッサーパンダやユキヒョウなど様々な動物を見ることができた。また、幼児組での最後の遠足を大いに楽しみ思い出を作ることができた。その後の遠足の経験画でも思い出話に華を咲かせながら行うことができた。クッキングでは、自ら作り友だちと一緒に楽しく食べることができ、食への興味、関心をもつことができた。

↑ PAGE TOP