〒 252-0141
神奈川県相模原市緑区相原2-10-19
TEL:042-775-5361 FAX:042-775-5362

情報公開

計算書類の公開

28年度財務諸表は こちら をご覧ください。

4月の保育園評価

0歳児:
体調面では比較的安定していた。慣らし保育中より咳や鼻水が目立つようになり、通常保育に移行するにつれて発熱や 下痢などにより欠席する子どもが増えた。新しい環境に慣れるまでの様子は食事や睡眠も含め個人差が大きかったため、 家庭との連絡を密にとり、日ごとに変化する個々の様子に細やかに対応し情緒の安定を図っていった。また十分にスキン シップをとり安心して過ごせるよう配慮し、緩やかながら確実に信頼関係を築いていくことを心掛けていった。好きな 遊びに集中できるよう個人差に配慮した環境設定を行い、歌や手遊びも取り入れながら自然と体を動かして楽しめるよう 誘っていった。後半は戸外遊びも楽しんでいたが様子により時間配分がうまくいかず時間の確保が難しかった部分に 反省が残った。

1歳児:
体調面では咳や鼻水の症状が出ている子どもが多かったが、全体的には登園していた。新しい環境に慣れることが難しく、 気持ちが不安定になったり、落ち着かず室内を立ち歩いたりする姿が見られていたが、保育者が一緒に遊んだり、スキン シップを多くとったりしたことで徐々に落ち着いて過ごすことができた。天気の良い日には積極的に戸外へ出て春風を 感じながら活発に遊びことができた。また、遊びの中でシャボン玉やフラフープを取り入れたことで興味を持ち喜ぶ 姿も見られた。在園児が新入園児の子どもたちに積極的に関わる姿が見られたので、微笑ましく感じると同時に 見守りながら仲立ちをしていった。

2歳児:
新しい環境の中で始めは緊張したり不安そうな表情が見られたりしていたが、少しずつ安定した環境の中で好きな 遊びを見つけて保育者や友だちと遊ぶ姿が見られていた。少しずつ友だちを意識して過ごしたりするようになって いた反面トラブルが多く、手がでてしまう姿が見られ気持ちが落ち着かない日が続いていたため、一人ひとりが 集中して好きな遊びを遊び込めるように室内遊びの工夫を行った。また、自分のロッカーの場所なども少しずつ覚え、 自分でできることは自分でやろうとする姿が見られていた。保育士との信頼関係を深めながら生活面で一人ひとりの やる気が引き出せるような声かけ、促しを行った。

3歳児:
新しい保育室や環境に少しずつ慣れていけるよう無理なく活動を進めていった。また、生活の流れもつかめるよう 丁寧に説明し、安心して生活できるように関わっていった。初めての縦割りグループ活動ではどのようなことを 行うのか事前に伝えることで、子どもたちも理解して行うことができていた。春の季節感を味わえるように積極的に 戸外に出て花壇の花を見に行ったり、虫を見つけたり、散歩にでかけることで子どもと共感することで製作などにも つなげることができた。暖かな陽気が続いたので存分に身体を動かせるよう安全な環境を整えていった。

4歳児:
進級した当初は環境が変わったことで全体的に落ち着きがなかったり、分離の際に泣いたりなど不安定な様子が 見られたが、日々生活する中で少しずつ慣れ、友だちや保育士と遊ぶことを楽しんでいた。一緒に遊ぶ中では 思いのぶつかり合いなどもあり、なかなか気持ちに折り合いがつけられずトラブルになることもあったが、 保育士が声をかけると友だち同士で解決できることもあった。春の自然を感じられるよう天気が良い日は積極的に 戸外へ出て追いかけっこや大縄など体を動かせる環境を整えていった。縦割り活動を取り入れることで一人ひとりが 自信をもち、異年齢児との関わりをもつ姿が見られた。

5歳児:
年長児へ進級したことに喜びを感じるとともに新しい環境にもすぐに慣れ、様々な活動に意欲をもって取り組む 姿が見られた。特に運動活動においては鉄棒やマット運動、跳び箱などに挑戦し、前転や後転、逆上がりなどの 練習に夢中で取り組む姿が見られた。たてわり活動や幼児組での散歩などを通して異年齢での関わりをもつことで、 年下の友だちと一緒に遊んだり優しく教えてあげたりする姿があり年長児として張り切って関わろうとする様子が 見られた。友だちとの関わりでは互いに自分の主張ばかりになってしまいトラブルにつながる様子が見られたため、 相手の気持ちや考えを聞き入れながら集団としての意識を高めることで関わり方を考えていけるよう働きかけた。

↑ PAGE TOP