〒 252-0141
神奈川県相模原市緑区相原2-10-19
TEL:042-775-5361 FAX:042-775-5362

情報公開

計算書類の公開

計算書類等は こちら をご覧ください。

9月の保育園評価

0歳児:
夏の疲れから咳、鼻水、発熱など体調を崩す子どもが多く薬を服用して登園してきていた。保育士や友だちと関わる中で思いを喃語で伝えたり、ふれあって遊ぶことを楽しんだりすることで友だち同士関わりを深める様子が見られていた。徐々に歩行が安定したり、離乳食からきざみ食に移行したりと一人ひとりの成長が見られた。きざみ食、普通食の子に対しては手づかみ食べも出来るように皿に取り分けたり、スプーンの持ち方を伝えたりしながら介助していった。天気のいい日は、積極的に戸外へ出たが、散歩の機会が少なかったので今後は機会を増やし、秋の自然にふれられるようにしていく。また、室内でもトンネルやウレタン積み木をつなげるなどの運動遊びを行い、体を動かせるようにしていった。まだ暑い日も続いたのでこまめに水分補給を行っていった。

1歳児:
夏の疲れにより発熱する子どもが多く、解熱後も鼻水が長引く様子も見られた。身の回りのことを「自分で」やりたいという気持ちが芽生えてきたので、靴下やズボンだけでなく上の洋服の着脱方法を丁寧に伝えていった。晴れの日は散歩に行くことで季節の移り変わりを楽しむことができるようであった。友だちと手を繋いで歩くことにも慣れてきたようで、自分の感じたことや発見を子ども同士で伝え合いながら仲良く歩く姿が見られていた。また、子ども同士で名前を呼び合い、同じ遊びを楽しむ姿が見られていたので、保育が仲立ちとなることで遊びを充実しながら子ども同士の関わりを密にしていった。

2歳児:
気温差が大きかったため、鼻水や咳の症状が目立っていたが、大きく体調を崩す子どもは見られなかった。また、いつもと様子が違う時にはこまめに検温を行い保護者に園での様子を伝えていった。玩具の貸し借りの際に言葉が出ず、トラブルになる様子も見られていたが言葉で伝えることの大切さを子どもたちに伝えるとともに保育士が仲立ちとなって子どもたち同士の関わりが深められるようにしていった。散歩先や戸外では秋の草花に興味をもち観察する姿が見られていた。また、ブドウや、トンボなども見ることができ子どもたちが興味をもてるような声かけ工夫しながら一緒に散歩を楽しんだ。

3歳児:
衛生面では安全な環境を整え、心身ともに安心して過ごせるようにしていった。戸外では図鑑を用意し季節によって草花の色や種類の違いに気づいていけるようにし保育士や友だちと草花に触れ積極的に関わっていた。運動会練習は競技、遊戯ともに意欲的に取り組んでいたので、大いに褒め次に繋げられるように関わっていった。また、待ち時間に友だちと一緒にふざけてしまうことがあったため、怪我につながらないように配慮し、練習と自由に遊ぶ時間のメリハリをつけて過ごした。自由遊びの時間があまりとれなかったことが反省点として残ったので、活動内容や時間配分に留意していく。

4歳児:
少しずつ友だちとの関わりも深まり、相手の気持ちにも気づけるようになってきたが、集団で行動するという意識をすることは難しい姿が見られた。保育士が声掛けをしながら自分たちで集団としての意識をもてるよう促していった。活動の中では自分の気持ちを十分に発揮する様子も見られたが、その気持ちを押し通すばかりで相手の気持ちに気づくことが難しい子どももいたので、友だちと協力することや一緒に行うことなどの楽しさを感じられるように関わっていった。また、運動会の練習も本格的に始まると、友だちと協力する機会も増えたため、その中でも協力する楽しさを感じられている様子だった。練習は意欲的に取り組める子どもが多かったが、自分の番ではないとふざけてしまう姿が見られたため、その都度声をかけながら本番を意識した取り組みができるように促していった。

5歳児:
運動会の練習を通して、少しずつ年長児としての意識も高まり、意欲的に練習に励んだり、新たなものへと挑戦したりする姿が見られた。一方で、自分の番だけでなく友だちの努力も応援していくことで、クラスとしての気持ちを一つに、一丸となって最後まで取り組んでいけるよう働きかけていった。活動内容としては、運動会練習だけでなく、子どもたちが伸び伸びと遊べる時間も作り発散していけるよう配慮していった。クッキングではたて割りグループに分かれ、異年齢ごとに関わりをもちながら楽しむことができた。また、おやつの際には実際にゼリーが固まる変化が分かり嬉しそうに食べる姿が見られていた。健康な体作りができるように、偏食をなくしたり、減らしたり、健康的な生活習慣を身に付けられるよう配慮していった。

↑ PAGE TOP