〒 252-0141
神奈川県相模原市緑区相原2-10-19
TEL:042-775-5361 FAX:042-775-5362

情報公開

計算書類の公開

計算書類等は こちら をご覧ください。

6月の保育園評価

0歳児:
前月より咳や鼻水の症状が長引いていた子どもが多くいたが、少しずつ落ち着いてきた。月末にかけては発熱する子どもの姿が見られていたので、夏に伴う発熱や汗疹など肌トラブルも含め丁寧に視診を行い、体調の変化に注意していった。オムツ替えや着替えをこまめに行い、また月齢により活動内容を分けるなどして一人ひとりが自分のペースで伸び伸びと過ごせるような環境作りを心掛けていった。室内で過ごす時間が増えたが、その分じっくりと関わり触れ合い遊びを通してスキンシップを多くとっていった。戸外では季節の野菜に触れたり雨の匂いを感じたりすることで季節の変化を感じながら伸び伸びと遊べるよう配慮していった。食事の場面で慌ただしくなることが多く反省であるため流れや配慮などを見直しながら落ち着いて遊べられるようにしていく。気温が低かったこともあり沐浴は行わなかった。避難訓練では不審者訓練の避難の難しさを感じた。

1歳児:
晴れの日は園庭で色水遊びやビニール遊びを取り入れ、太陽の光や風などの自然に気づきながら楽しむことができるようであった。友だちと関わって遊ぼうとする姿が見られるようになってきた反面、思いが伝わらないと手が出ることが増えてきたので保育士が仲立ちとなることで他児との関わり方を知らせ穏やかに過ごせるようにしていった。梅雨に入り、室内の活動が増えたことで落ち着かない様子も見られていたので、新聞紙遊びやマットを使用とした運動遊びなどを取り入れ、活動を充実させることで気持ちを発散し楽しめるようにしていった。公開保育では保護者に気づき不安定になる児もいたが保育士が優しく声を寄り添うことで、落ち着いて普段通りの活動ができるようにしていった。

2歳児:
体調面では夏の感染症にかかる子どもが数名いた。汗をかきやすい時期でもあるので体調面に気をつけながら、こまめな水分補給と着替えを心掛けていった。梅雨の時期であったため室内では活動を工夫しながら発散できる遊びを取り入れ活動にメリハリがもてるようにした。保育士の仲立ちのもと友だちとの関わり方や言葉のやり取りの仕方を伝えていき遊びが楽しめるようにした。食事面では苦手なものも無理なく励ましながら少しずつ食べられるようにした。また、楽しい雰囲気の中、友だちと食事をすることの楽しさを味わえるようにしていった。公開保育では、日頃からうたっている歌をうたったり運動遊びを行ったりして普段の子どもたちの姿を保護者に見て頂くいい機会となった。

3歳児:
雨天時も快適に過ごせるように、運動遊や集団遊び、園内散歩などを活動に取り入れていった。快適に過ごせるように着替えなども促していった。生活や遊びの中で、一つひとつ良いこと、悪いことを丁寧に伝え、その意味を伝えていくことで自分たちでも考えられるように促していった。ルールのあるゲームを楽しむことで、ルールを知るとともに、友だちと同じゲームで遊ぶ楽しさを感じられるよう関わって いった。また、保育士や友だちと触れ合いながら遊ぶ時間を共有したり、展開したりすることで、遊びにじっくりと遊び込み落ち着いて過ごせる環境を整えていった。クッキングでは幼児組になり初めてであったので皆、期待感をもって取り組むことができていた。おやつの際には自分たちが皮をむいた玉ねぎを食べられる喜びを感じられるように「美味しいね」など声をかけていき、気持ちを共有していった。

4歳児:
友だちとの関わりを楽しみながら、室内や戸外などで活発に遊ぶ姿が見られた。一方で、自分の想いを強く主張しトラブルになってしまったり、手が出てしまったりする姿が見られたため、相手に優しく伝えていくとともに、友だちの気持ちにも少しずつ受け入れていけるよう代弁していった。じゃんけん列車や椅子取りゲームなどの集団遊びを通して、友だちと皆で一つの遊びを楽しむことができていた。文字指導では、ひらがなの読み方を意欲的に行いながら取り組んでいた。意欲的に取り組むことができているのでその気持ちを大切にしながら今後も取り組めるよう話をしたり、配慮したりしながら行っていきたい。たて割り活動では、異年齢での交流を楽しみ、年下の子どもにも優しく接しながら品物作りができていた。公開保育を通して個々の様子を見てもらうことができ良い機会となった。

5歳児:
今月は公開保育や個人面談などを通して、保護者に園での子どもの様子を知ってもらうことができた。活動の中では、運動会に向け少しずつ跳び箱や鉄棒などの運動活動の機会が増えていった。活動に繋げられるよう普段の遊びの中でも体を動かせる機会を設け、運動機能を高められるようにしていった。子どもたちも体を動かすことが好きな子どもが多いため、意欲的に取り組めていた。育児講座の健康体操は 講師の先生の見本をよく見ながら意欲的に体を動かすことができていたのでよい機会だったと感じた。集団生活の中では、友だちとの意見のすれ違いからトラブルになることが多かったが、そのトラブルを通して様々な想いがあると気づけるよい機会となった。その経験を通し、少しずつ友だちと話をしながら遊びを発展する姿も見られた。

↑ PAGE TOP