〒 252-0141
神奈川県相模原市緑区相原2-14-7
TEL:042-700-2007 FAX:042-700-2008

情報公開

計算書類の公開

28年度計算書類等は こちら をご覧ください。


6月の保育園評価

0歳児:
新入園児を迎えて慣らし保育が始まり、在園児の生活リズムが少し乱れた。散歩やテラスに出て外気浴の機会を多く持ったので、大きく体調を崩すことなく過ごすことができた。また、外遊びで身体を使って遊んだので、午睡の際、子どもたちはよく眠っていた。公開保育はいつもと違う雰囲気だったが、落ち着いて遊ぶことができた。

1歳児:
戸外遊びや園庭遊びなどを通して、暑さや季節の移り変わりを感じることができた。また、6月の途中から水遊びも取り入れ、子どもたちも積極的に参加することができた。簡単な身の周りのことができるように、食後の口拭きや手拭きを自分で行うよう取り組み、見守った。苦手な食べ物でも保育士の声掛けや促しにより一口食べることができ、2回目からは自分で食べることができた。

2歳児:
散歩や戸外遊びを通して自然物に興味を持ったり、様々な事象に興味や関心を向けたりすることができた。交通安全教室への参加を通して、交通ルールに関心を持つことができた。天気の悪い日が続いた時は、室内で活動内容を工夫しながら飽きずに遊べるよう配慮した。カタツムリの製作を行いはじき絵に挑戦したが、絵の具がクレヨンをはじく様子を楽しみながら行うことができた。

3歳児:
園庭遊びの際は虫探しをして楽しんだり、花に興味を示したりする姿が見られた。周辺の散歩や公園での遊びを通して歩いたり走ったりしたので、体力もつき始めた。また、交通ルールを繰り返し伝えたことで、安全な歩行ができていた。幼児組に進級したことによって自分でできることが増え、友だちとの関わりを深めながら集団遊びを楽しめるようになった。消防署との合同訓練では、しっかりと口元を押さえながら避難することができた。

4歳児:
気の合う友だちを見つけ一緒に遊ぶ姿が見られたが、自分の思いを強く伝えてしまうことが多かったので、相手の気持ちを考えて行動できるように導いた。戸外では鉄棒やフラフープなど体を動かす遊びにも挑戦し、目標をもって練習する姿も多く見られた。消防署との合同訓練では、興味をもって話を聞く姿が見られた。今後も災害の恐ろしさや避難の仕方などを繰り返し伝え、災害に対する意識をしっかり持てるようにする。

5歳児:
意欲的に跳び箱や鉄棒の練習に取り組み、様々な活動を通し運動機能を高めた。運動会に向けて期待感をもって活動することができた。食事の際に食材に興味を示していたため、食べ物の栄養素にも関心が広がるよう働きかけた。野菜の水やりをするときには、生長をとらえ、大きさや色の変化に関心を持っていた。メロディオンを演奏する楽しさを感じ、上達が少しずつ見られた。

↑ PAGE TOP