〒 252-0141
神奈川県相模原市緑区相原2-14-7
TEL:042-700-2007 FAX:042-700-2008

情報公開

計算書類の公開

計算書類等は こちら をご覧ください。


4月の保育園評価

0歳児:
保護者と離れて過ごす経験が初めての子どもが多く、保育の初日は、泣く姿が多く見られたが、保育士に少しずつ慣れ、気になる玩具で遊ぶ場面が増えてきた。初旬より、新型コロナウィルス感染拡大防止対策のため、ご家庭にご協力頂いた。通常保育に戻った際には、一人ひとりの生活リズムを再度把握し、保育士との応答的なふれ合いを大切にし、信頼関係を深められるよう配慮していく。

1歳児:
新型コロナウィルス感染拡大防止のため、新入園児は家庭での保育にご協力頂いた。進級児は、新しい部屋や新しい担任にも慣れ、登園人数も少なかったため、保育士に欲求を受け止めてもらいながら好きな遊びを見つけて楽しく遊ぶ姿が多く見られた。園庭での遊びを、幼児組と一緒に行うなど、異年齢の関わりを多くもつことができた。

2歳児:
新型コロナウィルス感染拡大防止のため、多くのご家庭に家庭保育のご協力頂いた。少しずつ保育園での生活リズムにも慣れ落ち着いて過ごすことができるようになってきた。保育士が見守り、援助しながら身の回りのことを自分で取り組もうとする姿が見られるようになってきた。玩具や衣服などの片付けや、汚れもの袋に着替え終わった衣類などを入れることが自分でできるようになり喜びを感じている姿が見られた。また、感染症の対策として、毎日の保育室の消毒や清掃を丁寧に行った。

3歳児:
初めての幼児クラスや担任に緊張する姿も見られたが、徐々に新しいクラスにも慣れ、幼児クラスの生活の流れやルール等も覚えることが出来るようになってきた。異年齢児交流を通して、好きな遊びを他クラスの子どもたちと一緒に楽しむことができた。特に、畑遊びや苗植えを通し、自然に興味をもって遊びに熱中する姿が見られた。また、製作を通していろいろな素材に興味を持つことができた。

4歳児:
緊急事態宣言により、半数の園児が登園しなかったが、登園児は新しい生活に慣れ、安心して過ごすことができた。園庭遊びや畑遊びの際には、桜の花びらやたんぽぽの花を集めたり、アリやダンゴムシを探したりと、春の自然に触れ、草花や虫などに興味や関心を持つことができた。友だちと触れ合って楽しく遊ぶ姿も多く見られた。

5歳児:
感染症の影響で、登園数は少なかったが、ほとんどの子どもたちは、落ち着いて過ごすことができた。年長児としての自覚をもつ子がいる一方で、なかなか活動に集中できない姿も見られたので言葉をかけながら落ち着いて遊べるように工夫した。虫探しや苗植えを通して、自然との関わりを多くもつことができた。製作活動では、コーヒーフィルターを活かした制作を行った。子どもたちが友だちと楽しそうに話をしながらにじみ絵を楽しむ姿が見られた。

↑ PAGE TOP