〒 252-0141
神奈川県相模原市緑区相原2-14-7
TEL:042-700-2007 FAX:042-700-2008

ほしのこだより

9月行事予定

3日(月) 保護者引き渡し訓練
13日(木) 誕生会
18日(火) 子育て交流
20日(木) 乳児健診
~ 毎週水曜日 園庭開放 ~

キラリと光る頑張っている子どもたちの姿 ~各クラスの頑張っている子どもたちの姿を紹介します~ 

ほし1組

 食事の前に手遊びをしてから挨拶をしています。『はじまるよ~♪』と歌い始めると嬉しそうに手を叩いたり、指や身体を揺らしたりして保育士の真似をして楽しんでいます。アンパンマンの手遊びでは『あんぱーんち!』。にらめっこの歌では『あっぷっぷ!』。みんなで一緒に楽しんでキラキラ輝く笑顔を見せてくれています。

ほし2組

 活動後や食前の手洗いを頑張って行っています。最初は水で遊んでしまうことが多かった子どもたちですが、今では『手を洗いますよ-』の声掛けのもと、一生懸命手をゴシゴシと洗うことができています。些細なことでも、できるようになることを少しずつ増やせるように頑張っています。

つき組

この夏はプールでたくさん遊んだつき組の子どもたち。水に顔をつけたり、バタ足やラッコ泳ぎをしたりなどできなかったことがどんどんできるようになり、子どもたちはとても嬉しそうでした。生活の中では、脱いだ衣服は自分でたためるよう、日々練習しています。できないところは援助しつつ、できた時の喜びに満ちあふれている姿はとても輝いています。

救急の日

9月9日は『救急の日』です。いつでもすぐに使えるように救急箱のチェックをしておきましょう!
  • 必要な薬はそろっているか
  • 開封後、長期間経っているものはないか
  • 使用期限の切れているものはないか
  • 小さな子どもの手の届かないところにあるか
  • 直射日光の当たらない場所にあるか
※救急絆創膏は台所や居間の引き出しなど、すぐ取り出せるところに入れておくと便利です。

愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ

愛は三つの柱で支えられている。
①子どもを認め ②信じ ③思いやる
・親の愛とは、子どもを無条件に受け入れること
 子どものすべてを受け入れながらも、悪いことは悪いと教えることが必要です。
・スキンシップの大切さ
子どもを抱きしめたり、やさしく体に触れたりするスキンシップは、大切な愛情表現の一つです。
できるだけスキンシップをし、子どもを愛しているということを示してください。
・親に愛されて育った子ども
親に愛されて育った子どもは、頑張り屋で親切です。自分を肯定し、愛することのできる人間に成長していくことでしょう。

― 子どもが育つ魔法の言葉  ドロシー・ロー・ノルト より抜粋 ―



↑ PAGE TOP