〒 252-0141
神奈川県相模原市緑区相原2-14-7
TEL:042-700-2007 FAX:042-700-2008

ほしのこだより

9月行事予定

2日(月) 保護者引き渡し訓練
12日(木) 幼児組誕生会
17日(火) 子育て交流
19日(木) 乳児健診
*4,11,18,25日(水) 園庭開放

キラリと光る頑張っている子どもたちの姿  ~各クラスの頑張っている子どもたちの姿を紹介します~

ほし1組

保育園の生活に慣れてきて、周りのお友だちや保育士のしていることを自分もやってみようという気持ちが芽生え始めたほし1組さん。最近、お片づけが出来るようになってきました。歩けるお友だちは、何度も何度もおもちゃを拾い、上手に歩けないお友だちは、はいはいやつかまり立ちのまま使ったおもちゃや絵本をしっかり元の場所まで運んでいます。

ほし2組

いろいろなことができるお兄さん、お姉さんになってきたほし2組さん。今では、食事前の手洗いを自分で一生懸命やる姿が見られるようになりました。手を洗い終わると「ピカピカになったよ」と保育士に嬉しそうに綺麗になった手をみせてくれました。

つき組

プールや水遊びが大好きなつき組さん。水に顔をつけることやシャワーが苦手な子どもも、少しずつできるようになってきました。また、衣服の着脱もひとりで出来るようになってきました。保育士がそばにいなくてもひとりで進んで衣服を着替えられるようになり、自信が付いた子どもたちです。

来月は幼児クラスを紹介したいと思います。

愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ

愛は三つの柱で支えられている。
①子どもを認め ②信じ ③思いやる
  • 親の愛とは、子どもを無条件に受け入れること
  • スキンシップの大切さ
  • 親に愛されて育った子どもは、何かあっても頑張って乗り越えられる

「食べたい」気持ちをどう育てるか

食事は体の栄養になるだけでなく、心の栄養を摂るものでもあります。乳幼児期に育てたいのは「食べたい」「食べてみよう」という意欲です。「食べたい」という意欲を持つためには、まず、お腹がすいたと感じられるようにすることです。そこで、午前中は思いっきり体を動かす活動をしてから、食事に向かうといいでしょう。そして、家庭的な雰囲気をつくり、食べることを強要しないようにしましょう。偏食についても同様で、焦らず子どもの心に寄り添うことが大切です。

救急の日

9月9日は『救急の日』です。いつでもすぐに使えるように救急箱のチェックをしておきましょう!
  • 必要な薬はそろっているか
  • 開封後、長期間経っているものはないか
  • 使用期限の切れているものはないか
  • 小さな子どもの手の届かないところにあるか
  • 直射日光の当たらない場所にあるか
※救急絆創膏は台所や居間の引き出しなど、すぐ取り出せるところに入れておくと便利です。

↑ PAGE TOP